Menu

教室開講へのステップ

Music Togetherクラス開講へのステップ

Music Togetherの教室はMusic Togetherの商標ロゴ使用、及びに教室にてプログラム運営の許諾権を持ったライセンシー(センターディレクター)が個々の運営規模、方針に基いた独自の経営をしています。例えば週に1クラスを持つだけの小規模の運営から、多数のファシリテーターを雇うなど、経営規模にも選択肢があります。また、クラスの参加規程、授業料などは各教室によって異なります。Music Together本部では、センターディレクターの指導、アドバイスなどの支援を開設時から継続して行い、教育とビジネス両面でのサポートを提供しています。教室開講するには下記3つの方法があります。

その1 センターディレクター兼講師として新規の教室を開設する

  1. Music Together講師養成ワークショップに参加し実技で合格
  2. ライセンス取得申請書を申請料とともに提出
  3. Music Together LLC (米国本部)ライセンシングスタッフによる審査後、承認された場合は開講

その2 センターディレクターとなり、講師を雇う

  1. 講師となる人を講師養成ワークショップに派遣
  2. ワークショップの終了後、合格を確認
  3. ライセンス取得申請書を申請料とともに提出
  4. Music Together LLC(米国本部)による審査後、承認された場合開講

その3 センターディレクターとなり、講師を雇う

  1. すでにMusic Togetherの講師となる資格を持った人を雇用
  2. ライセンス取得申請書を提出
  3. Music Together LLC(米国本部)による審査後、承認された場合開講

(注意)

ライセンス取得申請書が受理されることは、Music Together LLCによるライセンス承認を保障するものではありません。ライセンシング過程は通常6週間で、申請への動機、ビジネス的な理解度、計画、センター開講の所在地、などのライセンシング観点から検討し最終的な判断が下されます。


Subscribe to our Newsletter