Menu

Music Togetherとは

Music Togetherとは

Music Togetherは1987年に米国プリンストンにて幼児心理学・音楽教育学の豊富な研究を基に誕生。0歳からの家族で楽しむ音楽づくりのプログラムです。従来の習い事の概念を覆す画期的な親と子の学びの場として現在世界約40カ国の家族に親しまれています。

「自然」「家族」「遊び」の3つを要素にした豊かな音楽づくりのある子育てを推進します。

自然

私たち人間は言葉を介した「表現」を可能とする言語発達への素質を持って生まれてきます。それと同じように誰もが音楽を表現する能力(音楽性)を持って生まれてくるとご存知でしたか?つまり「言葉」を話すように「音楽を話す」のは人間の自然の姿なのです。しかし言語発達にはそれを刺激する環境が必要なように、音楽性の基盤*を養うには豊かな音楽の刺激や子ども自らの音楽表現を見守り支える環境が不可欠です。音楽への反応、感じ方、学び方も子どもそれぞれです。Music Togetherでは音楽豊かな環境づくりと、自然な子どもの姿をすべて受け入れ支えることで生まれる学びを大切にします。

家族

子どもは常に自分が慕う大人の行動を観察して真似します。それは子どものあらゆる物事への関心や姿勢にも大きく影響されます。読書好きな子どもに育てたければ親が読書好きでなければなりません。もちろん音楽に関しても同じことです。日常身近にいるお母さまやお父さまなどが、良いお手本となり音楽への積極的な姿勢を持つことが大切です。心から楽しむ大人の姿を見て子どもは自然と音楽の楽しさを感じていきます。

遊び

子どもは遊びの中で人間として最も大切なことを多くを学んでいきます。「正しくやる」ことや「成果」ばかりを期待される環境では子どもの本来の学びの芽を摘んでしまうこともあります。子どもが自ら重ねる試みや発見を温かく見守る環境が子どもの学びには不可欠です。

*音楽性の基盤:Music Togetherでは基礎的音楽能力として、1) 音程正しく歌える 2) 正しいリズムで体を動かすことができる、3) 自国の文化の音楽を無理なく楽しむことができるの3つを定義としています。子どもの言語発達は、やさしく話しかけたり、子どもの発する音を真似してあげたりする温かいことば豊かな環境の中で自然と支えられていくのと同じように、音楽性の基盤は音楽づくりの豊かな親子のふれあいの中で自然に養われます。この音楽性の基盤は将来楽器を習ったり、ダンスレッスンを始めるために必要な大切な基礎となります。

Subscribe to our Newsletter